唐津 真美(弁護士・NY州弁護士)

  •  
■ 経 歴
 
  早稲田大学 法学部 卒業
1996年 弁護士登録 (第一東京弁護士会・48期)・東京永和法律事務所入所
1999年 ハーバード・ロースクール法学修士課程修了(LL.M.)
フレッシュフィールズ法律事務所
(現Freshfields Bruckhaus Deringer法律事務所)入所
2000年 Freshfields Bruckhaus Deringer ロンドンオフィスにて執務
ニューヨーク州弁護士登録
2005年 1月 骨董通り法律事務所入所
2006~2021年 ULSグループ株式会社 社外監査役
2011~2017年 東京簡易裁判所 司法委員を兼務
2012~2014年度 第一東京弁護士会 法教育委員会委員長
2017年度 第一東京弁護士会 常議員
日本弁護士連合会 代議員
2018年 3月 高樹町法律事務所を設立
2018~2022年 (株)ウェディングパーク 社外監査役
■ 著書・論文等
 
   Web上でご覧いただける記事についてはこちらをご覧ください。
1998年 『オンライオン・ロー』(共訳) 七賢出版
2002年 『舞台芸術と法律ハンドブック』(共著) 芸団協
2005年 「有限責任事業組合LLPの法律と登記」 日本法令
2012年 「似てる?似てない? 著作権侵害の判断の基本」
 Business Law Journal 2012年12月号
LexisNexis
2014年 「視聴覚的実演をめぐる著作権法の現在地点
 ~北京条約を読み解きながら今後の課題を検討する~」(講演録)
 コピライト2014年5月号
CRIC
2016年 「ビジネスで必要な著作権の基礎知識」
 ビジネス法務2016年1月号
中央経済社
  「著作権等管理事業者-その役割と利用法-」
 知財管理2016年7月号
日本知的財産協会
  「ビジネスシーンから考える 著作権のキホン」
 ビジネス法務 2016年6-12月号連載
中央経済社
2018年 「フリー素材を利用する場合の留意点は?著作権に関わる実務Q&A」
 BUSINESS TOPICS 2018年1月号
 
  「商標制度活用の実務」
 BUSINESS TOPICS 2018年8月号
 
  「漫画・アニメ海賊版サイトのブロッキングにみる憲法的課題」
 ビジネス法務2018年9月号
中央経済社
2019年~2020年 連載「権利制限条項のイロハ~著作物を安心して使うための基礎知識~」
コピライト2019年4月号~2020年3月号
  第01回 「「権利制限条項」の概要を知ろう」
  第02回 「私的使用のための複製(1)」
  第03回 「私的使用のための複製(2)」
  第04回 「引用(1)」
  第05回 「引用(2)」
  第06回 「教育目的のための権利制限条項」
  第07回 「営利を目的としない上演等」
  第08回 「美術館に関する権利制限条項」
  第09回 「インターネット等に関する権利制限条項」
  第10回 「柔軟な権利制限規定(1)」
  第11回 「柔軟な権利制限規定(2)」
  第12回 「その他の権利制限規定」
CRIC
2021年 意匠・デザインの法律相談Ⅱ」(共著) 青林書院
  エンタテインメント法実務」(共著) 弘文堂
  「オンライン授業と著作権」(講演録)
 コピライト2021年7月号
CRIC
■ その他
2000年~ ニューヨーク州弁護士
2011年~ 特定非営利活動法人AIMS 監事
2014年~ 第一東京弁護士会仲裁センター 仲裁人候補者
2021年~ セントラル警備保障株式会社 社外取締役
  ULSグループ株式会社 社外取締役(監査等委員)
  文化庁第21期文化審議会・著作権分科会・国際小委員会 専門委員